« コットンの日とか・・・ | トップページ | 御堂筋オープンフェスタ2007・・・ »

長良川鵜飼開き・・・

鵜飼は古典漁法を今に伝える岐阜市の夏の風物詩。

約1,300年に織田信長や徳川家康などの保護を受け

松尾芭蕉も「おもしろうて やがてかなしき鵜舟かな」と一句を残し

昭和11年と昭和36年の2度チャップリンも見物。
  
鵜匠をアーティストと賞賛し「ワンダフル」を連発したそうです。
 鵜匠が10~12羽の鵜を見事な手縄さばきで操り
鵜が次々に鮎を捕る日本の伝統漁法。
鵜匠は代々世襲制で、常日頃から鵜と一緒に生活して、
呼吸の合った動きを見せ、見事に鮎を捕らえのです。
かがり火を焚いた鵜舟がゆっくりと現れ、
         I4fukai
鵜が鮎を捕らえる様子は 幽玄の世界へ・・・
岐阜県長良川で開かれ5月11日~10月15日まで
増水と十五夜を除いて毎日行わます。

今日の更新は ここ←クリックして見てね

|

« コットンの日とか・・・ | トップページ | 御堂筋オープンフェスタ2007・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川鵜飼開き・・・:

« コットンの日とか・・・ | トップページ | 御堂筋オープンフェスタ2007・・・ »