« テディベアズ・デー・・・ | トップページ | 潮汐とは・・・ »

ワールドシリーズ第3戦・・・

レッドソックスとロッキーズのワールドシリーズ第3戦。
松井稼頭央vs.松坂大輔の師弟対決はメジャーの
頂点を争う舞台で実現します。
西武時代に先輩、後輩として共に一時代を築いた
二人が、今回は敵として顔を合わせるのです。
ワールドシリーズ制覇の懸かった真剣勝負での
初対決で、楽しみが増しますね。

日本人投手として初めて先発登板を果たす
松坂は「稼頭央さんだけを抑えても勝てない」と
前置きした上で、「ロッキーズは1、2番コンビ
(タベラス、松井稼)が重要な役割を担っている」と発言。
タベラスは今シリーズ無安打と当たっていない。
場合によっては松井稼が1番打者に起用されるかも、
松坂はいきなり松井稼を打席に迎えることになる。
海抜1600メートルの高地で気圧が低い土地。
打球が飛びやすい投手不利の環境に加え、
低い気温と酸素が薄い独特の環境に体を慣れさせ
万全の状態で第3戦に臨むようです。
Photo
メッツ時代の不振を乗り越えて、ワールドシリーズの
晴れ舞台に進んだ松井稼は、喜びをかみしめ、
松坂との対決は「楽しみ。何とか攻略したい」と
心待ちにしているが、チームとしてはここで負ければ
王手をかけられる試合。
2試合で2得点と封じられている打線復活のためにも、
松坂攻略の糸口になりたいようです。
松井稼自身も8打数1安打と苦戦しているが、
全身全霊をかけて打席に立つだろう。

この試合を落としたら後がなくなるロッキーズの松井稼と、
大事な試合を任され、特別な選手との対決には
ただならぬ集中力を持つ松坂なだけに、見応えありますね。
今日の更新は→ここを←クリックして見てね。

|

« テディベアズ・デー・・・ | トップページ | 潮汐とは・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドシリーズ第3戦・・・:

« テディベアズ・デー・・・ | トップページ | 潮汐とは・・・ »